過払い金請求をする時に気を付ける注意点を知ろう

過払い金請求をする時に気を付ける注意点を知ろう

お金

ブラックリスト入りする可能性がある

過払い金を返済中に請求する場合に注意しなければいけないのが、戻ってきた過払い金が残っている借金より少額で残額が残ってしまっている場合は、信用情報期間に事故情報が登録されてしまうので、気を付けなければなりません。信用情報機関に事故情報が登録されるということはよくブラックリストにのるという表現がされていますが、これは過払い金を請求した業者だけではなく、すべての貸金業者からお金が借りられなくなるといっても過言ではありません。またクレジットカードの審査に通らなくなってしまったり、クレジットカードの利用が止められてしまうこともあります。

登録がずっと続くわけではない

ブラックリストに登録されることで、様々なことに対して信用が得られなくなってしまいますが、これは一時的なものであって一生続くわけではありません。大体5年程度で事故情報は更新されて消されていきます。なので5年後にはお金を借りることが可能になります。なので借金の返済がとても苦しい状況の場合はブラックリストに登録されることをあまり恐れずに、借金を減らすというメリットを選択した方が楽になるでしょう。

数をこなしている人に頼もう

司法書士や弁護士に過払い金の請求を依頼すると、手数料がかかってしまいます。普段からあまり司法書士や弁護士と関わっていたり利用している方は少ないと思いますが、過払い金でかかる費用は弁護士により変わりますが、この時に値段の安さだけではなく、弁護士や司法書士が過払い金の請求に慣れているか確認して選びましょう。名古屋にも慣れている弁護士はいます。

広告募集中